2008年11月22日

K−20怪人二十面相・伝

試写会に行ってきました。

会社が入ってるビルと同じ建物で行われたのでギリギリに行ったらほぼ満席で、ペアだったのに分かれてみる羽目になったのが何だかな〜と思いましたが。
試写会常連のおばさま方が「昨日はアレを視たのよ」「アレは私は当たらなかったのよ」「アレはコレと重なってるから誰それさんにあげたのよ」と語ってました。さりげに自慢ですね?

・・・・・・・・・・・・・・・

第二次世界大戦が回避され、古い風習である華族制度が残り、職業を変えるのは禁じられ、婚姻は同じ身分同士でのみ許された1949年の「帝都」での話。

裕福な華族から名のある財産を盗む泥棒が現れ、人はそれを「怪人二十面相」と呼んだ……。

と、ここまでは今放映されてるCM。

金城武が演じるのはサーカスで生計を立てる貧しいながらも正直で正義感の強い男。
仲間と助け合い、充実した生活を送っていた。
ただ、咳き込む団長を医者に診せる為の金が欲しかった。

そんな時、雑誌の編集者を名乗る男がその身のこなしを聞きつけ、とある婚約パーティの写真を撮ってきて欲しいと現れた。
報酬は医者に見せても余るくらいの大金。
あまりの大金に怪しいと訝しむのだが、サーカスでどんなに客入りが良くても医者に診せるほどの金は稼げない。
意を決し、撮影を承諾する。

婚約するのは華族令嬢(松たか子)と明智小五郎(仲村トオル)。

中に入れるわけがないので、硝子張りの屋根から中の写真を撮ろうとシャッターを押した瞬間、建物が爆発したのだった!

警察に取り押さえられ、あろうことかサーカステントの自室から宝石がゴロゴロと出てきた。

「怪人二十面相を逮捕したぞ!」
「違う、俺じゃない! 俺ははめられたんだ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・

1949年と言うわりに科学は今より進んでます!(笑)

松たか子は天然系お嬢様の役がよく似合います。
やっぱり元が違うと違うねー。
いくら取り繕っても(顔だけならもっと綺麗な女優さん、沢山いるのに)上品は教育の賜なんだな、と思います。
張り合えるのは宝塚出身者くらいかも(と私が勝手に思ってる)
ヅカは現代的な派手で快活なお嬢様だけど、松たか子は由緒正しい古風な日本のお嬢様って感じ。

九州大学とか門司港が舞台に使われてるって行ってたのに、CG加工されてたのか、分かりませんでした……。
福岡県民としてどうなの、それ……。

三丁目の夕日のスタッフが作ったそうです
金曜ロードショーで「続・三丁目の夕日」が放映されてましたが、最後にこの映画の宣伝が入ってました。
ほお〜、どおりでスクリーンの色合いが似てると……。

金を出してみるか、と言われると悩みますがレンタルする価値のある映画です。
ぜひ、観てみてください〜。
posted by りみ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月21日

ブーリン家の姉妹

映画の話。

世界ふしぎ発見は映画とのタイアップが多いですよね。
で、この番組を見て、観たくなりました。

ブーリン家って? と思っているアナタ!
スペインの無敵艦隊を破り、大英帝国を気づいたエリザベス女王の生みの親の話でございます。

ストーリーはこちら。
続きを読む
posted by りみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月03日

ゆとり教育

当然、全員がってわけではありません。
うちの会社に入ってきたゆとり教育時代の新卒社員がオカシイだけで。
きっとミクとかブログをやっていて相手も記事にしているだろうから、私も書くことにしました。

まず、挨拶。
自分からやらない。秋になって入社半年経ったにもかかわらず。

次、言葉遣い。
「おはようございます」って私が挨拶したら「あはよう」と返ってくる。
友達か!?
別にいいんですよ、私に肩書きがあるんじゃないし。
普通は気づいてくれても良さそうなのに。

今時古いけど、お茶出し。
配る順番が自分の同期から。
えー、私は何も誰にも教えられなかったけど上司から配ってましたが。

ああ、段々小姑みたいになってくる…。

電話の対応。
挨拶は元気いっぱいなのに、「お世話になってます」と言うイントネーションが、拗ねた口調に。
しかも老人には聞き取れないくらい早口。
私には分かりかねます、とか言って誰にも訊かずに電話を切りやがった時には心底
「辞めて(止めて)くれ!!!」
と思いました。

で、注意してみた。
すっごくムスッとした顔で「はぁい」と言われた。
どうも親に怒られたことがないらしい。
と言うのも、一人がソレを理由に辞めたから。
(あと似たのが二人いる)

どんだけ腐ってるんですか!?

来春卒業の新入社員内定式に出ました。
遠くから来る人もいるので前日宿泊者のホテルを取ってあげました。予約した旨の連絡をしたら、
「両親の分の旅費とホテル代も出してください」
と、言われた。

……え?

内定式に親、来るの?
てか、何で親の分まで??

また、別件ですが、
「全国転勤できますか」
と言う面接の問いに
「最初の一年はお母さんの朝ご飯を食べて頑張りたいので、二年目以降でしたら……」
本気で言われました。

マジで!?

そこはお母さんじゃなくて母と言うべきだろう……じゃなくて!

呆れて笑っちゃいます。
日本の将来、大丈夫か!?
しっかり貯金をしなきゃいけない気持ちになりました(笑)
posted by りみ at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月23日

デトロイト・メタル・シティ

ロードショー当日に見るとは相当なファンっぽいなあ、と思いつつ。

友達と三人で見てきました。
私の分はタダ券を貰ってたんだけど、残り二人分の前売り料金を三人で割ったら、給料日前のお財布でも安心価格になりました。
良かった、本当に良かった…!

丸く収まりすぎて好きじゃなかった人もいるだろうけど、
原作(ちょっと改造されてたけど)を壊さずに面白かった!
ヘヴィメタルという設定の割に大人しかった。
でも私は気に入ってます。

や、実際ね…ライブで一列に並んでみないと思うし
盛り上がってる中、人をかき分けてステージまで行くなんて無理!

映画が始まる前にもキバのラップやSATSUGAIが流れてて、
あの歌詞に作曲したかと思うと感心!!
素の根岸が気持ち悪くて(笑)あちらこちらで笑いが起こって、
カジヒデキを懐かしく思っていたら本人が出てきてビックリ。
試写会に行った友達は原作を知らなかったけど面白かったそうな。

松山ケンイチが歌ってるってのも、貴重だと思う。
CDが欲しくなりました…(汗)
posted by りみ at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年08月22日

自宅二階のバルコニーでウサギを飼ってるわけでして。

ウサギがいると思うと室外機の風が熱かろうと思い、
結局、今年の夏はエアコンを使わなかった。

と言うと、たいがい驚かれるんだけど
中国産ゴザをベッドの上に敷き、
扇風機を「強」、天井のファンを「中」で回し、
更に窓を開ける。
ついでにアイスノンを枕にすると快適に寝られた。

昼間は会社で、休日はショッピングセンターに行ってたしね。

私が人一倍眠ると言うのが本当のところかもしれない。
時間になると眠くなるし、放っておけば翌日は昼近くまで寝て、
ごはんを食べたらまた昼寝も出来るし、
夜になるとまた寝る。

ナマケモノとも張り合えると自負している。

そんなこんなで、すっかり朝晩は寒くなって9月中旬並に。
日没時間が早くなると位時間が増えるので、
また寝れるんだな、これが。

今年の夏はチームマイナス6%に協力できたかしら?
posted by りみ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記